逆流性食道炎が整体で改善?原因は姿勢かもしれません!

2017年04月25日(火)6:35 PM

和歌山市駅目の前、ライズ整体院の林です。

当店では問診の際に、過去の病歴や現病歴、飲まれているお薬について確認させていただきます。

その際に多く耳にするのが逆流性食道炎という病名です。

はっきりとした原因がわからず薬を飲み続けている人もいらっしゃいます。

もちろんお薬で改善されている方もいらっしゃいますが、あまり変化を感じていない、又はお薬に頼りたくないというお話も少なからず耳にします。

今回は逆流性食道炎について、そして整体でのアプローチについて書いていきたいと思いますので最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

 

逆流性食道炎ってどんな病気?

逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流するためにおこる病気です。

通常、食道と胃の間には「下部食道括約筋」という筋肉があって胃液の逆流を防いでいます。

「下部食道括約筋」は食べ物が入ってくると開き、通常は閉じることで胃液の逆流を防ぐのですが、種々の原因によりこの機能に問題が生じると、開きっぱなしの状態になって胃液の逆流がおこります。

胃酸が食道に入ると、食道の粘膜が胃酸にさらされて炎症を起こし胸やけや呑酸といった症状があらわれるのです。

 

逆流性食道炎の症状は?

逆流性食道炎では主に以下のような症状があらわれます。

◆胸やけや吐き気がする
◆呑酸(すっぱい胃酸が口の中まで上がってくる)
◆胸にしめつけられるような痛みを感じる
◆咳がでる
◆喉の違和感・声がれ

等々・・・

 

逆流性食道炎の原因は?

逆流性食道炎を起こす主な原因には以下のようなものがあげられます。

食道裂孔ヘルニア

人には胸部と腹部の間には横隔膜という隔壁があり、胸腔と腹腔を分けています。食道は横隔膜にある食道裂孔という穴の中を通っていますが、この穴を通って腹腔内にあるべき胃の一部が胸腔側へ脱出している状態を食道裂孔ヘルニアと言います。食道裂孔ヘルニアでは境目のしまりが緩くなるために、胃酸が食道に逆流しやすくなります。

暴飲暴食

脂肪の多い食事や飲酒は下部食道括約筋を緩めるとされます。
また暴飲暴食は胃酸が増え症状の増悪を招きます。

加齢

加齢とともに食道括約筋の機能低下がおこり、胃酸が逆流しやすくなります。

肥満

欧米では肥満がある場合、食道裂孔ヘルニアになりやすいと言われています。
また肥満により腹圧が上昇することも胃酸が逆流する原因になります。

姿勢

いわゆる猫背の姿勢では、背中が曲がってお腹がつぶれた状態になってしまいます。その結果お腹への圧力が強くなって胃が圧迫され、胃の機能低下や胃酸の逆流を引き起こします。

 

逆流性食道炎を予防するには?

逆流性食道炎を起こす主な原因は前述の通りです。お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、食道裂孔ヘルニアや加齢によるものを除くと、ある程度ご自信の努力で予防できる部分があるとは思いませんか?

例えば・・・

◆食事や栄養面を見直して、暴飲暴食を控える。

◆適度な運動を行い、肥満を予防する。

◆猫背や前かがみの姿勢を改善する。

これらを行うことで、少なくとも暴飲暴食・肥満・姿勢が原因の逆流性食道炎は予防できる可能性が高くなります。また食道裂孔ヘルニアも前かがみの姿勢で食道裂孔がゆるんで発症している場合もあるので、姿勢を正すことで改善される可能性があります。

 

逆流性食道炎を改善するためには姿勢をよくすることが大切!

以前のブログでご紹介しましたが、身体の前後ブレ(猫背や前かがみの姿勢)と胃には密接な関係があります

関連ブログはこちら→胃の不調からくる身体の歪み!猫背になっていませんか?

 

胃が弱ると胃を守るために無意識に前傾姿勢になってしまうことがありますし、また逆に猫背の前かがみの姿勢が続くと胃が圧迫されて胃の機能が低下することもあります。

猫背の姿勢は、食道裂孔ヘルニアや胃の機能低下を起こし、逆流性食道炎の原因になります。

逆流性食道炎を予防・改善するためには猫背を正すことが大切です。

 

ライズ整体院では身体の歪みを整え、正しい姿勢に導きます!

逆流性食道炎は症状がひどくなると手術が必要な場合もあります。

放っておくと食道がんのリスクもありますのでまずは病院を受診することが大切です。

その上で、もしお薬での対処でなかなか改善せず、再発を繰り返しているようであれば、一度姿勢をチェックしてみてはいかがでしょうか?

もし身体が猫背になっているのであれば、姿勢を良くすることで症状の緩和につながるかもしれません。

ライズ整体院では骨盤や筋・骨格を調整し、姿勢を改善する施術を行っています。

また内臓へのアプローチや自宅での体操・生活指導なども含めトータルでサポートさせて頂きます。

もしも思うように症状が改善せずに、現状に満足されていないようであれば一度お気軽にライズ整体院に連絡してみてください。

逆流性食道炎でお困りの皆様のお役に少しでもたてればうれしく思います。

それでは今回も最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。

 

<<腰痛の施術についてはコチラ
<<骨盤矯正・産後骨盤矯正についてはコチラ
<<自律神経調整(脳幹整体)についてはコチラ
<<施術メニュー・料金についてはコチラ

アクセス・受付時間

当店では、お飲物をご用意しておりますので、ご自由にご利用ください。
また、お越しいただいたお客様に気持ちよく施術を受けていただけるよう、“清潔第一”を心掛けております。毎日店内のすみずみまできれいに清掃を実施しておりますので、安心してお越しください。スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

夜20時まで受付(予約優先)!

休業日:日曜日・祝日

土曜日も平日同様夜20時まで受付しております。
お仕事・部活帰りなどにお気軽にお立ち寄りください。

  |