首こり・肩こりからの頭痛でお困りの方へ!緊張型頭痛ってご存知ですか?

2017年05月12日(金)11:13 AM

和歌山市駅目の前、ライズ整体院の林です。

肩こりがひどくなると頭が痛くなっていませんか?

頭痛にも色々な種類がありますが、肩や首のこりに関連して起こる頭痛に「緊張型頭痛」と呼ばれる頭痛があります。

今回は慢性頭痛の7割に該当すると言われている「緊張型頭痛」について解説していきたいと思います。

緊張型頭痛の特徴とは?

緊張型頭痛の特徴としては

  • 肩こりや首こりを伴うことが多い。
  • 頭をギューッと締め付けられるような痛み、重苦しい感じの痛みを訴えることが多い
  • 毎日のように朝から晩まで一定の痛みがダラダラと続く
  • 後頭部を中心に両側が痛くなる
  • 軽いめまいや体のだるさを伴うことがある

等が挙げられます。

緊張型頭痛の原因は?

緊張型頭痛は、精神的なストレスや身体的なストレスが原因になると言われます。

ライズ整体院では、特にデスクワークなどで首や肩に負担のかかる姿勢を、長時間取り続けることが一番の原因だと考えています。

パソコン作業のように長い時間のうつむきの姿勢は、首の後ろ側の筋肉や肩の筋肉を緊張させてしまいます。

その結果、首の後ろ側を通っている大後頭神経という後頭部に分布する神経が圧迫されて緊張型頭痛を起こすのです。

 

緊張型頭痛と片頭痛の違いは?

頭痛といえば緊張型頭痛と並んでお悩みの方が多いのが片頭痛です。

当店にご来院のお客様でも、緊張型頭痛より片頭痛という名称で頭痛を表現させる方が多いです。頭痛と言えば片頭痛だという認識を持たれている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし頭痛の7割近くは緊張型頭痛であると言われています。この2つの頭痛では対処方法も異なってきますので、少し緊張型頭痛と片頭痛の違いについてご紹介したいと思います。

痛みの特徴の違い

片頭痛ではズキンズキンと脈拍に合わせて痛みがでます。これに対して緊張型頭痛では前述のように頭を締め付けられるような痛みがでるのが特徴です。

また片頭痛では頭の片側が痛むことが多いのに対して、緊張型頭痛では後頭部を中心に両側に痛みが出ることが多いです。

発症原因による違い

片頭痛ははっきりとした原因は完全に解明されていませんが、血管が拡張して周囲の神経が引っ張られることによって起こると言われています。そのため血管を拡張させる入浴やサウナ、アルコールが片頭痛を起こす誘因になります。

対して緊張型頭痛はこちらも前述の通り首や肩の筋肉が緊張することで神経を圧迫して起こります。そのため入浴や患部を温めることで筋肉の緊張が緩むと軽減する場合があります。

 

ご自身がどのタイプの頭痛かを判断するには上記の違いをまずチェックしてみて下さい。
迷った際には、入浴で身体を温め、血行がよくなった際に頭痛が悪化するのか、楽になるのかを試してみてはいかがでしょうか?

 

ただし、まれなケースですが緊張型頭痛と片頭痛が混同しているケースや群発性頭痛といったような別のタイプの頭痛である場合、さらには頭部の出血や病気の場合もありますので注意が必要です、なかなか改善しない場合は急激に発症した場合には、頭の検査を受けられることをおすすめします。

 

緊張型頭痛を改善するには生活習慣の見直しが大切です!

緊張型頭痛を予防・改善するためにはまずは原因となっている生活習慣を改める必要があります。

特に首や肩に負担をかけない生活習慣を実践していただくことをおすすめします。

とくに注意していただきたい項目について下記にご紹介いたしますので参考にしてください。

うつむきの姿勢を避けて、首・肩への負担を減らしましょう!

①スマートフォンやパソコンの使用はほどほどに。使用時にはできるだけ目線の高さで使用するようにしましょう。いまではパソコングッズとして高さ調整できる商品もありますのでチエックされてはいかがでしょうか?

 

②家事やデスクワークなどで長時間うつむく場合にはこまめに休憩をとりましょう。
できれば15分から20分に一度の休憩をおすすめします。一番の大敵はうつむき姿勢を長い時間続けることです。お仕事などで難しい場合もあるかもしれませんが出来る限り休憩をはさみ、ストレッチなどでリラックスするようにしてみてください。

 

➂テレビや読書をする際にはついつい没頭して負担のかかる姿勢を取ってしまいがちなので注意しましょう。特に横寝で肩肘をついた姿勢は首にかなりの負担がかかりますので絶対にNGです。

 

④荷物は左右の偏りのすくないリュックがおすすめです。どうしてもショルダーバッグをとういう場合には出来るだけ片側に掛けるのを避け、交互に持つなどして身体の左右バランスを整えるようにしましょう。

 

⑤首回りを温めて冷えを予防することも大切です。首や肩がつらい場合にはホットタオルを首にあてたり、肩までしっかりと浸かって入浴することで首・肩の筋肉の緊張を緩めましょう。
またお風呂上りに濡れた髪のままで過ごすこともやめましょう。冷えた髪が首を冷やして筋肉の緊張を悪化させる原因になるのでご注意ください。さらにはハイネックやストールなどで外出時の首の冷えを予防する工夫も行っていただければなお効果的です。

 

⑥趣味を楽しむ時間やリラックスできる時間を作って、副交感神経の働きを高めることも必要です。オン・オフの切り替えをしっかりと行い、休息をとって心と身体を休めましょう。

 

それでも改善しない首・肩のこりと頭痛はライズ整体院にご相談ください!

上記のような生活習慣の見直しを行っいただいても改善しない頑固な頭痛の場合には、首の骨や背骨・骨盤の歪みを整える事が必要かもしれません。

現在の生活では圧倒的にうつ向き姿勢が多いので、ストレートネック猫背姿勢になっている場合が目立ちます。

そのような場合には整体で身体の歪みを整えると効果的です。

歪みや不良姿勢が改善されると、筋肉の緊張は緩和されていきます。

その結果、首や肩周りの筋肉がゆるんでリラックスできる状態になると緊張型頭痛の解消につながります。

色々な治療やお薬を試したが改善しない頭痛でお悩みの方は。我慢せずに一度ライズ整体院にご連絡くださいね。ご相談だけでも結構です。

それでは今回も最後までお付き合くださり本当にありがとうございました。

 

腰痛の施術はこちら 
自律神経調整(脳幹整体)はこちら
骨盤矯正・産後骨盤矯正はこちら

<<施術メニュー・料金についてはコチラ

アクセス・受付時間

当店では、お飲物をご用意しておりますので、ご自由にご利用ください。
また、お越しいただいたお客様に気持ちよく施術を受けていただけるよう、“清潔第一”を心掛けております。毎日店内のすみずみまできれいに清掃を実施しておりますので、安心してお越しください。スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

夜20時まで受付(予約優先)!

休業日:日曜日・祝日

土曜日も平日同様夜20時まで受付しております。
お仕事・部活帰りなどにお気軽にお立ち寄りください。

  |