自律神経の乱れって?

2017年08月25日(金)12:09 PM

「自律神経の乱れが原因で」といったセリフ、健康を扱う雑誌やテレビなどでもよく取り上げられていますね。お肌の調子を整える、不調に邪魔されない日常のためにも、自律神経を整えることが大切!ですが、自律神経とはどういったもの?なぜ乱れるのか?どのように整えるのか?について自信を持って答えられますか?

言葉は聞いたことあるけれど、曖昧な知識しかないという方も多いはずです。私たちの身体に大きな影響を与える自律神経、ここではその基礎についてお伝えしていきます。

目次

  • 自律神経とは
  • 自律神経が乱れるというのはどういう状況?
  •  ・自律神経失調症
     ・過呼吸症候群
     ・メニエール病
     ・過敏性腸症候群
     ・神経性胃炎
     ・肩こり

  • 自律神経が乱れる原因
  •  ・歪み
     ・食べ物
     ・ストレス

    自律神経とは

    私たちの身体には、暑さや寒さなどの感覚や筋肉を動かすための「体性神経」と、自分の意思では動かすことのできない「自律神経」の2種類があります。

    生きていくには欠かせない動作を担当している自律神経の働きですが、さらに「交感神経」「副交感神経」の2種類に分けられるのです。

    交感神経は、動的な動作を担当しており、昼間に心拍数や血圧を上昇させ身体を動きやすい状態に整えます。
    一方、副交感神経は夜の睡眠時に多く活躍するもので、筋肉や血管を緩め、消化や栄養の吸収、老廃物の排出などの準備を整えます。

    どちらも生命維持に欠かせない働きであり、一方が活発な時は一方は休みを取るなど微妙なバランスの上に成り立っているのです。寝ている間も、ぼんやりしている間も、意識しなくても滞りなく生命を維持できるのは自律神経があってこそといえるでしょう。
    このバランスが崩れてしまった状態を「自律神経の乱れ」と呼び、身体が不安定になりさまざまな辛い症状が出てしまうことが多くなります。

    自律神経が乱れるというのはどういう状況?

    まいきましずは自律神経が乱れると、どのような状態になってしまうのかみてみよう。

    自律神経失調症

    心や体に原因不明の不調が現れてしまう自律神経失調症。人によって症状は大きく異なりますが、無気力・気分が沈むなど心に関する症状と、だるさ・ほてり・めまい・便秘・発熱・頭痛など身体に関する症状に分けられます。
    日によって症状の重さが変わったり、受診しても原因が分からないことも多く、疲れているのかもとやり過ごしている方も多いようです。

    過呼吸症候群

    何らかのきっかけで呼吸が浅く早くなり酸素を吸い込み過ぎて血管が収縮し、神経伝達が上手くいかなくなり頭痛やめまい・呼吸困難・失神・動悸といった症状がでる過呼吸。
    自律神経は呼吸も管理しているため、乱れてしまうと呼吸にも大きな影響が現れます。

    メニエール病

    耳のリンパ液の調整が狂ってしまうことで、めまい・耳鳴り・難聴の3症状が現れます。
    命の危険はありませんが、吐き気を伴うことも多く、日常生活に大きな支障をきたす方も多いですね。

    過敏性腸症候群

    自律神経は腸の働きに密接な関係があり、乱れが生じると過敏性腸症候群などの症状を引き起こすことがあります。
    ひどい便秘や下痢を繰り返したかと思うとピタッと治り、しばらくすると再発するなど予測しづらく辛い症状です。

    神経性胃炎

    胃酸過多となり胃もたれや胸焼け・ゲップだけでなく、気分が塞ぐような症状もみられます。

    肩こり

    自律神経の乱れから交感神経が優位になりがちです。すると、副交感神経が十分に働くことができず、筋肉を休ませ回復させる時間が不十分で肩こりが酷くなるといった場合もあります。

    ほかにも蕁麻疹や鼻づまり・食欲がなくなるなど意外な症状もみられます。
    長く不調が続いており受診しても原因がつかめない場合は、自律神経の乱れの可能性も視野に入れることをおすすめします。

    自律神経が乱れる原因

    歪み

    姿勢が悪いなど身体に歪みがあると神経伝達が上手くいかず負担がかかり、自律神経の乱れにつながってしまいます。

    食べ物

    食べ過ぎ・飲み過ぎはもちろん、特定の栄養が足りていないなどバランスよく栄養摂取をしていないと身体を正常に動かすことができません。すると自律神経にも負担がかかり、正常な働きを妨げてしまうのです。

    ストレス

    人間関係や仕事のストレスは、身体を緊張した状態にしてしまいます。緊張信号が常に出ている状態は自律神経に負担をかけ、その働きを乱してしまうのです。

    最後に

    受診しても原因が分からなかった辛い症状、実は自律神経の乱れからくるものかもしれません。
    体質的に自律神経が乱れやすい方もみられますが、多くは上手く気分転換をし、栄養と休養を適度に取って自律神経を助けることも可能です。

    ですが、仕事が忙しい、何が原因か見当がつかないなど、自分1人では対応が難しいという場合もありますね。そんな時は、プロに相談しませんか?ライズ整体院は身体や姿勢の歪みだけでなく、GAS脳幹整体という自律神経の乱れを緩和するための施術を得意としています。

    もちろん、痛い施術ではありませんのでご安心ください。和歌山市駅からは徒歩で1分、受付は20時までなのでお仕事帰りのご相談も可能です。まずはお気軽にご相談ください。

    腰痛の施術はこちら 

    自律神経調整(脳幹整体)はこちら
    骨盤矯正・産後骨盤矯正はこちら

    <<施術メニュー・料金についてはコチラ

    アクセス・受付時間

    当店では、お飲物をご用意しておりますので、ご自由にご利用ください。
    また、お越しいただいたお客様に気持ちよく施術を受けていただけるよう、“清潔第一”を心掛けております。毎日店内のすみずみまできれいに清掃を実施しておりますので、安心してお越しください。スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

    夜20時まで受付(予約優先)!

    休業日:日曜日・祝日

    土曜日も平日同様夜20時まで受付しております。
    お仕事・部活帰りなどにお気軽にお立ち寄りください。

      |