変形性股関節症に「びんぼうゆすり」が効果的?

2018年10月03日(水)11:43 AM

こんにちは!ライズ整体院の林です。

最近、変形性股関節症に「びんぼうゆすり」が有効だとの書籍や論文を度々みかけます。ジグリングとも呼ばれ、「股関節に過度の圧力を加えずに小刻みに動かし続けると、関節表面に軟骨が再生してくる」と考えられているようです。

関節軟骨には、血管やリンパ管、神経などがなく、栄養は関節液という関節内を潤している液体によって行われています。関節液による栄養補給は関節の運動によって促され、運動不足は関節軟骨への栄養が不足し、変形性関節症の発症につながるとのことです。

ただし、毎日ある程度の時間行う必要があるようで(8時間以上との報告も!)、そうなると中々継続するのが難しいですよね。

そこでオススメなのが、振動マシンと呼ばれるトレーニング器具です。
ネットなどで検索すると、たくさんの種類が販売されています。
介護施設などに高価な振動マシンが導入されリハビリに効果的だという話は聞いていましたが、随分リーズナブルな価格で手に入るようになっているんですね。もちろん本格的なマシンと家庭用では性能がかなり違うのでしょうが、「びんぼうゆすり」が目的なら家庭用で十分だと思います。

当院でも購入し、現在、股関節の症状でお悩みのクライアント様に貸し出ししてお試しいただいております。まだお使いいただいて間もないですが、中々良さそうとの感想も頂いております。

当院では股関節のお悩みに対して、身体(骨盤や関節など)の歪みを矯正したり、固くなった筋肉の緊張を緩めることで、症状の改善を図っていきます。

上記のようなオススメ器具や自宅での運動などもアドバイスさせて頂いていますので、股関節が気になる方はお気軽にご相談ください。

 

  |