スタッフ紹介

院長:林 高徳(はやし たかのり)

院長:林 高徳(はやし たかのり)

生年月日
昭和47年6月7日生
出身地
和歌山県和歌山市
資格・免許
柔道整復師(国家資格)・介護支援専門員・協会認定資格など多数あり
趣味
釣り・映画鑑賞・温泉めぐり・加圧トレーニング
家族
4人家族(妻・長男・次男)

どのような思いで施術にあたられてますか?

どのような思いで施術にあたられてますか?

そうですね、当院のコンセプトである「心も体も健康に」という思いはいつも意識しています。心と体の両面が元気でないと本当の健康とは言えませんから。ですので、体の痛みやしびれが改善するだけでなく、人生を活き活きと楽しんで謳歌するお手伝いができれば最高に幸せです。

また「治す」「治してもらう」といった依存関係ではなくて、クライアント様と協力して目標に向かって進んでいければ良いですね。その結果、「治してもらわなくても自分で治る身体」になってもらいたいと考えています。

なぜ、治療家になったのですか?

なぜ、治療家になったのですか?

私が最初に治療家に興味を持ったのは小学生の頃です。子供の頃はとにかく活発で外で遊ぶのが大好きな子供でした。そのためケガも絶えず、骨折や打撲も経験しましたし、少年野球をしていたので、ボールの投げ過ぎによる肘の痛みも抱えていました。

そんな時お世話になったのが近所の整骨院の先生で、毎回大きなケガをする度に良くしてもらっていたので、子供心に整骨院の先生という職業に憧れを感じ、興味を持ったのを覚えています。

その後、高校時代に肘の痛みが重症化し大好きだった野球を続けることができなくなりました。今から思えば、「もう少し早い段階で治療を受けていれば」「もっと体のケアをしっかりとしておけば」などと考えることもあります。ですがこうした苦い経験が、ケガや不調が原因でやりたい事を諦めてしまう人の役に立ちたいという思いにつながり、治療家の道に進むきっかけになりました。

治療家としての経歴や経験を教えて下さい

治療家としての経歴や経験を教えて下さい

はい、柔道整復師という国家資格を取得して現在で15年、治療家の道に入ってからは18年になります。

資格を取得してからは、整骨院や整形外科、脳神経外科で経験を積ませて頂きました。特に脳神経外科ではリハビリ室の立ち上げを任されとても勉強になりました。

その後は、保険施術を行う整骨院として開業しましたが、3年前から自費のみの治療スタイルに変更し、店舗も今の場所に移転し現在に至ります。

最後にライズ整体院に行ってみようかなと?と考えている方に向けて一言お願いします。

最後にライズ整体院に行ってみようかなと?と考えている方に向けて一言お願いします。

このホームページをご覧になっているあなたは、長年色々な治療法を試しても改善せず悔しい思いをされているのではないでしょうか?また、この先もずっとこの症状が続くのではないかと不安な思いをされていませんか?

でも大丈夫ですよ、諦めないで下さい。当院には、そのような経験をされているたくさんの方々を改善に導いてきた実績があります。

当院では身体の不調は、全身のバランスが崩れ身体に歪みが生じた結果あらわれると考えています。ですから痛みのある患部のみ直接施術するのではなく、全身のバランスを整える施術を行います。全身のバランスが調和すると自然治癒力が高まって症状は改善していきます。もちろん痛みや恐怖を伴うような荒っぽい施術は行いませんのでご安心下さい。

辛い症状があると人生を心から楽しめないですよね。私は症状の改善を通じて、あなたが人生を幸せに楽しめる様になって頂きたいと思っています。ライズ整体院では出会ったお一人おひとりとのご縁を大切に、全力で皆様の人生が良くなるお手伝いをさせて頂きます。あきらめずにぜひ一度来院してみて下さい。あなたとのご縁を心から楽しみにしています。