なぜ、病院や薬で坐骨神経痛が改善しないのか?

なぜ、病院や薬で坐骨神経痛が改善しないのか?

説明している写真

坐骨神経痛では、坐骨神経が椎間板ヘルニアや狭くなった腰椎、お尻の筋肉などで圧迫されることにより、神経が分布する腰やお尻~足にかけての領域に痛みやしびれなどの症状があらわれます。このような症状に対して病院では、以下のような対処法がよく用いられます。

 

【坐骨神経痛に対する病院での一般的な対処法】

  • 鎮痛剤・ブロック注射
  • リハビリ・マッサージ・ストレッチ
  • 牽引療法・温熱療法・電気治療
  • コルセットの装着
  • 手術

 

上記のような方法は、主に症状のあらわれている患部のみを対象にしています。しかし原因は他にあるケースも多く、当院では患部に限定した対処法では、根本的な改善は難しいと考えています。

 

病院で坐骨神経痛が改善しないのは、あらわれている症状を抑え込むことばかりに目を向け、症状の本当の原因に対する改善策がとられていないからです。

なぜ、病院で良くならなかった坐骨神経痛が、当院の施術で改善するのか?

施術している写真

例えば、足を組む・横座り・関節を鳴らすなどの癖や長時間の不良姿勢、食生活の乱れによる内臓の疲労、運動不足など、日常生活には身体を歪ませ不調を招く要因が多くあります。

 

当院では、坐骨神経痛の本当の原因は、このような悪い癖や生活習慣の乱れが積み重なって身体が歪み、全身のバランスが崩れた結果だと考えています。

坐骨神経痛が起こる流れ

坐骨神経痛を根本的に改善するには、患部だけへのアプローチだけでは不十分です。

 

【当院が行う坐骨神経痛に対するアプローチ方法】

  • 身体の歪みを調整し全身バランスを整える
  • 自律神経の働きを整える
  • 内臓の疲労を回復し機能を高める
  • 日常生活での悪い姿勢や習慣の見直し

 

当院では、症状の出ている患部のみを施術するのではなく、全身のバランスを整えて、腰やお尻にかかる過度の負担を解消することで、坐骨神経痛の改善を図ります。

 

また合わせて、自律神経や内臓の調整、日常生活での悪い習慣や食生活の見直し、セルフケアのアドバイスを行うことで再発しないお身体へと導きます。