当院での突発性難聴に対するアプローチ

当院での突発性難聴に対するアプローチ

施術写真

突発性難聴は、耳の奥にあり聴力と平衡感覚に関わる内耳という器官への血流不足が原因の1つだと考えられています。また、ストレスが突発性難聴の引き金になるとも言われますが、いずれの場合にも自律神経が深く関わっています。

自律神経には2種類あって互いにバランスを取りながら身体の働きを調節していますが、そのうち交感神経には血管を収縮させる働きがあり、もう一方の副交感神経には血管を拡張させる働きがあります。ストレスは交感神経を活性化するので、身体的(構造的)・精神的ストレスを受ける続けると、常に交感神経が優位になって血管が収縮するため、内耳への血流が悪くなります。

ですので、血液循環をコントロールする自律神経のバランスが崩れると、突発性難聴へとつながります。突発性難聴を改善し再発を防ぐためには、自律神経の乱れを整えることは必須です。

自律神経の乱れの原因は精神的ストレスだけではありません

一般的にストレスと言えば、精神的ストレスに限定されることが多いようですが、自律神経を乱すストレスはそれだけではありません。

ストレスには主に以下の4種類があります。

4つのストレス

ストレスの器の図

これら4つのストレスが蓄積され限界を超えた時(ストレスの器の限界を超え溢れ出した時)に、自律神経のバランスは崩れ症状が現れます。

そのため、薬やカウンセリングなどで精神的ストレスが軽減したとしても、他のストレスが残っていればまた再発してしまうのです。

自律神経の乱れを整え心身の健康を取り戻すためには、適切な順番で4つのストレスにアプローチする必要があります。

特に重要なのは、自律神経の働きに大きく関与する首のゆがみを整えること、つまり、まず最初に構造的ストレスを解消することが効果的な不調の改善につながります。

ご存知じですか?自律神経の不調の約90%に首の異常がかかわっています。

首のゆがみの絵

当院がなぜ首を重視するのか?

それは首と頭の連結部には、自律神経をコントロールしている脳幹があるからです。

自律神経の不調がある約90%の人が首に何らかの異常を持っていると主張するドクターもいらっしゃいますが、実際に当院でも、自律神経症状でお悩みの方ほとんどが首のゆがみを伴っています。

脳幹圧迫の図と脳幹の働き

首がゆがむと連動して頭も傾くので、スペースが狭くなって脳幹を圧迫します。また首から脳へと走る血管も圧迫を受けるので、脳への血流も悪くなります。

その結果、脳幹の働きが低下すると自律神経が乱れて、血液循環の調整に異常が生じることで、突発性難聴へとつながるのです。

自律神経の不調につながる流れ

当院でしか受けられない突発性難聴専門施術

当院では、首のゆがみを整えることで自律神経の乱れを改善する脳幹整体を中心に、自律神経の調整に特化した専門施術で突発性難聴の改善は図ります。

首・頭・骨盤を整える

首の調整写真

首のゆがみが整うと脳幹の働きが活性化し、頭蓋骨や骨盤のゆがみが整うと、脳に栄養を与える脳脊髄液の循環が良くなります。そうすると自律神経の乱れが解消し不調が改善に向かいます。また、ゆがみが取れると姿勢も良くなります。首や頭蓋骨の調整は和歌山では当院でしか受けられない「脳幹整体」という特別な施術法で行います。

神経を整える

ニューロオリキュロセラピーの施術写真

耳には4つの脳神経と3つの首の神経の終末があり、合計300個以上の神経に関するポイントがあります。それらのポイントに特殊な器具で微弱な電流刺激を行うことで神経の働きを整えます。自律神経の乱れや痛み、精神的な問題などに効果的です。

内臓を整える

内臓の施術写真

自律神経が乱れている人の多くは、お腹が硬く内臓の動きが悪くなっています。自律神経と内臓は密接に関係していますので、お腹を緩め、内臓の働きを改善するアプローチは必要です。

周波数を整える

リメディ写真

身体の1つ1つの細胞や器官はそれぞれ固有の周波数を持っていて、病気や不調にはこの周波数の乱れが関係しています。原因となる周波数の異常を、特殊な装置で周波数情報を水に転写したリメディという器具を用いて改善していきます。和歌山では初の施術法です。

感情を整える

問診の施術写真

状況に応じて、精神的ストレスやトラウマなど感情面へのアプローチも行います。当院ではストレスやトラウマを解放するために、EFTという技法を用いたセッションを行っています。